シアリスのジェネリックで人気のメガリス

メガリスシアリスは日本で承認されている3種類のED治療薬の1つです。
他のED治療薬は即効性が特徴ですが、シアリスは遅効性があり持続時間が非常に長いという特徴があります。
シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
日本国内で一般的に使用されているのは10mgと20mgの錠剤です。

ジェネリック医薬品であるメガリスにも10mgと20mgの錠剤が存在します。
有効成分はシアリスと同じタダラフィルなので、同様の効果を期待できます。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは遅効性があり、効果の現れ方が緩やかなため副作用が出にくいというメリットがあります。

メガリスの効果作用

メガリスを服用した場合の効果の持続時間はシアリスと同様です。
10mgが20時間から24時間、20mgは30時間から36時間とされます。
副作用が現れるのは服用者の3割ほどに留まります。
また副作用が発症した場合でも、基本的に軽度で回復も早いのが特徴です。
さらにタダラフィルは食事の影響も受けづらいため、扱いやすいという特徴もあります。

シアリスやメガリスは有効成分のタダラフィルがペニス周辺の血管を拡張し、海綿体への血流を増やすことで勃起を促します。
性欲そのものを直接的に高める効果はありませんが、勃起を促して性行為をサポートします。

メガリスの服用方法

シアリスとメガリスの服用方法は同様です。
性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用します。
空腹状態に服用すると、3時間ほど経過してからゆっくりと効果が現れます。
適量のアルコールで服用するのも有効です。
適量のアルコールは気分をリラックスさせるため、タダラフィルの効果を助けます。

メガリスの副作用

シアリスとメガリスには同じ有効成分のタダラフィルが含まれているため、効果の現れ方や副作用なども同様です。
タダラフィルは服用すると血管を拡張するので血圧が下がります。
血圧が下がると副作用としてめまいが生じる可能性が存在します。
また頭部や鼻の粘膜、消化管などが充血します。
その結果として頭痛や鼻血、鼻詰まり、消化不良などが起こる場合があります。

メガリスは病院で処方されない?

メガリスは日本の病院で処方してもらうことができません。
インターネットの通販サイトを利用して個人輸入する必要があります。
メガリスはインドの製薬会社が製造しているシアリスのジェネリック医薬品です。
インドでは製法特許が認められていますが成分特許は認められていません。
そのため製法を変えて同一成分のジェネリック医薬品を安価に製造・販売できます。

日本では10mgと20mgのシアリスが一般的に流通しています。
価格は10mgが1錠あたり1700円ほどで、20mgが1800円ほどです。
メガリスは10mgが1錠あたり500円弱、20mgは600円弱で購入できます。
インターネットの通販サイトでは、インドからの個人輸入を代行しています。
日本国内で未承認の医薬品を輸入・販売することはできませんが、個人輸入の手続を代行することは合法です。
メガリスにはシアリスと同じタダラフィルが含まれており、非常に安い価格で購入できます。