レビトラと飲み合わせ注意する薬は?

レビトラには有効成分バルデナフィルが含まれており、血管を拡張してペニスの血流を増加させEDを改善します。
血圧と関係があるED治療薬なので副作用にはめまいや頭痛、目の充血、紅潮、鼻詰まり、動悸などがあります。
これらの副作用は基本的に軽く、発症しても4時間から6時間ほどで回復します。

バルデナフィルには副作用の他にも併用が禁止される医薬品が存在します。
また心臓疾患などを抱えている場合には使用できません。
併用が禁止される医薬品は、大きく5種類に分類できます。

  • HIVの治療に使用される抗ウイルス薬
  • 硝酸薬
  • 降圧薬
  • 抗不整脈薬
  • 内服タイプの抗真菌薬

これらは併用できません。

HIV治療薬
レビトラはHIV治療薬として利用される抗ウイルス薬と併用すると血中濃度が上昇します。バルデナフィルの血中濃度が高まると副作用が強まる可能性があります。
硝酸薬
硝酸薬には飲むタイプの他にも貼るタイプや吸入するタイプ、塗るタイプ、注射、スプレー、舌下錠が存在します。これらをレビトラと併用すると過度に血圧を下げる可能性があります。
降圧薬
降圧薬には慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬が存在します。レビトラと併用すると症候性低血圧を起こす可能性があります。
抗不整脈薬
抗不整脈薬とレビトラを一緒に飲み合わせた場合には、心臓の動きに異常が生じる原因となるので併用が禁止されます。
抗不整脈薬
内服タイプの抗真菌薬は水虫などのカビによる感染症の治療に利用されています。レビトラと飲み合わせた場合には、バルデナフィルの血中濃度が上がるため副作用が強まる可能性があります。

EDの治療は基本的に病院で医師の指導のもとに行われますが、個人輸入代行サイトでもレビトラを購入することができます。
個人輸入する場合には他の医薬品との飲み合わせに注意する必要があります。

レビトラは食事の影響を受けませんが、空腹時に服用するのが理想的です。
心臓や脳、腎臓、肝臓に障害のある人は服用できません。
低血圧や高血圧、網膜色素変性症、バルデナフィルに対する過敏症の既往歴がある場合も同様です。
服用する際には副作用や併用禁止薬、様々な疾患に注意する必要があります。

レビトラと飲み物の相性は?

レビトラと相性が良いものと悪いものレビトラは食事やお酒の影響を受けないという特徴があります。
基本的に食事やお酒を摂取しても問題はありません。
ただしグレープフルーツには注意が必要です。
グレープフルーツを摂取した状態でレビトラを服用すると、副作用が強まる可能性があります。

レビトラの副作用は主にバルデナフィルが血管を拡張する働きによる軽度なものです。
目の充血や紅潮、頭痛、めまいなどが起こることがありますが、基本的に4時間から5時間ほどで回復します。
個人輸入代行サイトで購入し副作用が長時間続く場合には、服用を中止して医師の診断を受ける必要があります。

併用が禁止される医薬品の中にも抗ウイルス薬や内服タイプの抗真菌薬のように、バルデナフィルの血中濃度を高めるものが存在します。
グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸にはバルデナフィルの吸収を高める作用があります。
そのため血中のバルデナフィル濃度が高まり、副作用が強まることが考えられます。

レビトラを服用する場合には前日からグレープフルーツの摂取を控えるのが合理的です。
またグレープフルーツだけでなくハッサクやザボン、ナツミカン、オロブランコなどの柑橘類にもフラノクマリン酸が含まれているので同様に避ける必要があります。

一般的に流通しているレビトラには10mgのものと20mgのものが存在します。
服用すると10mgは5時間ほど、20mgは10時間ほど効き目が持続します。
基本的に性行為の1時間ほど前に水で服用しますが、適量であればお酒と一緒に服用しても問題はありません。
適量のお酒は気分をリラックスさせてレビトラの効き目を促進します。
ただし過度にお酒を飲んだ場合には、十分な効き目を期待できないこともあるので注意が必要です。