レビトラのジェネリック「バリフ」とは

バリフバリフはED治療薬レビトラのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社が製造・販売しています。
本家のレビトラは1錠あたり1500円ほどですが、バリフは200円ほどで購入できます。
バリフを購入するには、医薬品の個人輸入代行サイトを利用します。
多くの個人輸入代行サイトでは現在でもバリフを取り扱っていますが、今後在庫がなくなれば購入できなくなります。
バリフを利用してEDの治療を行うならば、早めに買い溜めておくことが必要です。

バリフの効果作用

バリフにはレビトラと同じ有効成分のバルデナフィルが含まれています。
バルデナフィルは血管を拡張してペニスへの血流量を増やす効果があります。
男性が性的な刺激を受けると血液中に一酸化窒素が増え、グアノシン一リン酸が増加します。
グアノシン一リン酸が平滑筋を緩めて海綿体に血液が流れることで、ペニスの勃起が起こります。

ペニスの海綿体にはPDE5という酵素も存在しており、グアノシン一リン酸を分解して勃起を抑制します。
PDE5が増えすぎるとグアノシン一リン酸が不足してEDとなります。
バルデナフィルはPDE5の働きを阻害するので、グアノシン一リン酸の働きによって勃起する仕組みです。

バリフとレビトラには有効成分のバルデナフィルが含まれているので、同様にEDを改善する効果があります。
またバリフはレビトラよりも価格が安いため、少ないコストでED治療ができるというメリットが存在します。

レビトラは日本の製薬会社が開発した治療薬です。
インドでは製法特許と成分特許のうち、製法特許のみ認められていました。
製法が異なれば同じ成分のジェネリック医薬品を自由に製造できましたが、日本の製薬会社が訴訟を起こしバルデナフィルを含む医薬品が製造中止となっています。

現在でも個人輸入代行サイトではバリフを取り扱っていますが、在庫品がなくなり次第販売中止となる予定です。
バリフ以外にもレビトラのジェネリック医薬品は存在しており、製造と販売が続いています。
どうしてもバリフを使用したい場合には早めに確保する必要があります。

バリフの副作用と入手方法について

バリフに含まれる有効成分のバルデナフィルには血管拡張効果があります。
そのため服用すると目の充血や紅潮、動悸、鼻詰まり、頭痛などの副作用を発症する可能性が存在します。
ただし基本的に副作用は軽度で、4時間から6時間ほどで回復するのが通常です。
回復しない場合には医師の診断を受ける必要があります。

バリフは個人輸入代行サイトを通して購入できますが、偽物も多く流通しているので注意が必要です。
本家のレビトラと比較して、非常に安いコストでED治療ができるのでバリフは人気があります。
偽物を服用すると健康を損なう可能性もあるので、購入する際には信頼性の高い個人輸入代行サイトを選ぶことが重要です。

バルデナフィルを服用する場合には、副作用や併用禁止とされる医薬品の他に様々な疾患についても注意が必要となります。
個人輸入で購入した医薬品の服用は、基本的に自己責任とされます。
異常を感じた場合には服用を止め、医師への相談が必要です。
併用が禁止される医薬品を服用した場合には副作用が重くなる場合があります。
またグレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸はバルデナフィルの血中濃度を高め副作用を強めるので、服用中は摂取を控えます。

バリフは血管を拡張して血流を増加する効果があるので硝酸剤やHIV治療に使用される抗ウイルス薬、内服の抗真菌薬、抗不整脈薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬との併用が禁止されています。
また脳や心臓、腎臓、肝臓などの疾患を抱えている場合や、高血圧・低血圧の場合などは使用できません。

信頼性の個人輸入代行サイトを利用すれば、バリフの偽物を購入する心配をせずに少ないコストでED治療ができます。
コストを抑えるならばバリフを個人輸入するのが合理的ですが、副作用などが心配な場合には病院でレビトラを処方してもらうという方法も考えられます。