バイアグラを女性が飲んだら効果は現れる?

女性とバイアグラバイアグラは本来男性のEDをはじめとした勃起不全に効果がある薬として有名です。
バイアグラ自体に直接EDを治療する効果はありませんが、勃起状態が維持できることによって正常に性行為がおこなえるようになります。
正常に性行為をおこなえるようになるという事は性行為に対する恐怖感を取り除き、心因性のEDを改善させるためにはとても大きなきっかけとなります。

では、バイアグラを女性が服用すると効果はあるのでしょうか。
結論から言えばバイアグラは女性が飲むことによっても効果があります。
バイアグラは服用することによって血行が良くなります。
男性器が勃起するためには海綿体に多量の血液が流れていることが必要不可欠だからです。
血行が良くなる効果はバイアグラを服用した女性にも同じような効果があらわれます。
血行が良くなると、女性器にも血液がたくさん流れるようになります。
すると女性器自体が敏感になり、性的快感を高めてくれる効果があります。

女性が男性用のバイアグラを服用することによって得られる効果に関しては完全に立証できているわけではありませんが、さまざまな臨床実験では確かに効果は確認できています。

女性用のバイアグラが存在する?

現在では女性専用のバイアグラが開発され、通販などで販売されています。
日本では店頭などでは販売されていないので、入手するためには通販などを利用して個人輸入する必要があります。
個人輸入できる女性用バイアグラで特に有名なのがウーメラやラブグラといった名前の商品です。

では、実際にウーメラやラブグラなどの女性用バイアグラを服用すると、どのような効果が得られるのでしょうか。
女性用バイアグラの効果としては男性用バイアグラを服用した時の効果と基本的には同じです。
血流を促進させ、女性器自体の感度を高める効果が期待できます。

女性用という事で女性が服用することでその効果をより高めるように調合されています。
パートナーとの性行為で悩みを抱えている人は検討してみるのも良いでしょう。

不感症の原因とは

女性用バイアグラは特に不感症の女性に対して服用を推奨されます、不感症になると性行為が上手くおこなえないため、場合によってはかなり夫婦関係や恋人関係に亀裂を起こすことになります。
不感症はどのようなことが原因となって発症するのでしょうか。

精神的による不感症

不感症になる原因は色々とありますが、最も大きな原因が精神的なものによるもの、具体的に言えば、性行為に対する不安感によるものです。
日本人女性は、全体の約7割以上の人が自分の体に何かしらコンプレックスを持っています。
しかし性行為では自分の体を全さらけ出すことになります。
特にパートナーとの初めてのセックスでは不安な気持ちがとても強いです。
この緊張感が解けないままだと、セックスの時にリラックスできなくなります。
すると愛撫などで感じることが出来なくなって不感症になりやすくなります。

また、過去のトラウマも不感症を招く大きな原因となります。
特に無理やり性的行為を迫られた経験がある女性にとっては性行為というのはとても汚らわしいものなので、快感を感じるどころではありません。

しかし、パートナーに性行為を迫られると無下に断るわけにもいかないので応じます。
そんな状態では快感を感じるような精神状態にはとてもなりません。
結果的に不感症を発症するようになります。

性行為によって不感症になることもある

精神的以外にも、パートナーの性行為自体によっても不感症になる可能性は十分あります。
男性は極論を言えば男性器を女性器に挿入して動かすだけでも十分な快感を得ることが出来ますが、女性は精神的に満たされないと快感を得ることができません。

パートナーが成功の経験が少ない、または早く自分が快感を得たいからとスキンシップの時間が短いまま挿入されるようなことが続くと、パートナーとの性行為の嫌悪感を抱き、不感症を発症します。